​株式会社本多建設 行動計画

​ 従業員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境を整備を行うため、次のように行動計画を策定する。​

1.計画期間  令和2年9月1日~令和6年8月31日までの4年間​​

2.内容

目標1: 所定外労働を削減するため、引き続き現状の把握に努め必要な対策を

講じるとともに、令和4年4月までにノー残業デーを拡大する。

(現行のノー残業デー:毎週木曜日)

​<対策>

● 毎年   3月~ 所定外労働の現状を把握

● 毎年   4月~ 社内検討委員会での検討

● 令和4年   1月~ 新たなノー残業デーの実施に向けた検討

● 令和4年   4月~ 新たなノー残業デーの実施

管理職及び現場責任者への研修(年1回)及び従業員研修会での周知(年次計画による)

目標2: 令和5年3月末までに、年次有給休暇の取得日数を、一人当たり

平均年間10日以上とする。

​<対策>

● 令和3年   4月~ 年次有給休暇の取得状況について実態調査開始

● 令和3年   7月~ 社内検討委員会での検討開始

● 令和4年   1月~ 計画的な取得に向けた事業体制の検討開始

● 令和4年   4月~ 有給休暇取得促進のための取組の開始

​定期的に取得状況を把握し、取得のための環境整備を図る

目標3: 従業員に対して、育児・介護休業制度の周知徹底を図るとともに、

取得希望者に対しては取得しやすい環境を整える。

​<対策>

● 令和3年   4月~ 管理職会議を活用し、実態の把握と制度の理解を深める

● 令和4年   1月~ 制度の充実を図るための調査検討を行う

目標4: 地域の中学生・高校生を対象とする事務所や現場の見学及び

インターンシップの受け入れを引き続き行う。

​<対策>

● 毎年   4月~ 受け入れ体制について検討

● 毎年   7月~ 現場や担当者への説明及び体制作り

● 毎年   7月~ 関係行政機関、学校との連携

● 毎年   9月~ インターンシップ等の受け入れ開始